ブレスサーモ実験室 でんじろう先生が機能を解説

そもそもブレスサーモって?他の温かインナーと何が違うの?
ここではそんな疑問をでんじろう先生が徹底解明!
オモシロ実験でブレスサーモの機能性の高さを実証していきます。

発熱の仕組み

ブレスサーモはなぜ温かいの?

肌から常に発散されている水分(水蒸気)を吸収して発熱する吸湿発熱素材だからです。

人の身体は、汗とは別に1日に約900mlの
蒸気の汗(不感蒸泄)を発散しています。
ブレスサーモの熱源であるこの水分を
吸収する際の「吸着熱」と呼ばれる現象が
温かさのヒミツ。一体どのようなことが
衣服内で起こっているのか、
ミクロの世界へ行ってみましょう!

人の身体は、汗とは別に1日に約900mlの 蒸気の汗(不感蒸泄)を発散しています。
ブレスサーモの熱源であるこの水分を 吸収する際の「吸着熱」と呼ばれる現象が 温かさのヒミツ。一体どのようなことが 衣服内で起こっているのか、 ミクロの世界へ行ってみましょう!

発熱の仕組み

発熱実験

他の温かインナーと何が違うの?

温かさの源である発熱力が違います。

ブレスサーモと同じように、ポリエステルや
ウールも吸湿することで発熱します。
違うのは、その発熱量の大きさ。
ブレスサーモ原綿とポリエステルの
吸湿発熱性能を比べてみましょう。

ブレスサーモと同じように、ポリエステルや ウールも吸湿することで発熱します。
違うのは、その発熱量の大きさ。
ブレスサーモ原綿とポリエステルの 吸湿発熱性能を比べてみましょう。

発熱の仕組み

吸湿実験

発熱し続けたらムレそうだけど?

優れた吸湿力でドライな状態に保ちます。

冬でも人は汗や蒸気の汗を常に発散しており、
また直接肌と触れ合うインナーにおいては
快適な温かさを保つ力が不可欠です。
衣服内をドライに保つ繊維の吸湿力について、
ブレスサーモ原綿とポリエステルで
比較検証してみましょう。

冬でも人は汗や蒸気の汗を常に発散しており、 また直接肌と触れ合うインナーにおいては 快適な温かさを保つ力が不可欠です。
衣服内をドライに保つ繊維の吸湿力について、 ブレスサーモ原綿とポリエステルで 比較検証してみましょう。

発熱の仕組み

消臭実験

体の水分を吸い続けたら臭くならない?

糸自体に消臭力があるのでご安心を。

肌から出る蒸気の汗(不感蒸泄)を
吸収して発熱するブレスサーモ。
ウエアの臭いが気になりますが、
ブレスサーモは糸自体に消臭性能があります。
アンモニアなど嫌な臭いの発生を抑える
実験を見てみましょう。

肌から出る蒸気の汗(不感蒸泄)を 吸収して発熱するブレスサーモ。
ウエアの臭いが気になりますが、 ブレスサーモは糸自体に消臭性能があります。
アンモニアなど嫌な臭いの発生を抑える 実験を見てみましょう。

発熱の仕組み

発熱+快適=ブレスサーモ

優れた発熱力に、従来のアンダーウエアを超えた
快適性能をプラス。このバランスが、
他では得られない満足を生み出します。

優れた発熱力に、従来のアンダーウエアを超えた 快適性能をプラス。このバランスが、 他では得られない満足を生み出します。

発熱力も、汗処理も、着心地も。

ブレスサーモアンダーウエアの
温かさと快適がつづく6つの機能

ブレスサーモアンダーウエアの温かさと快適がつづく6つの機能

  • しっかり発熱

    [吸湿発熱]

  • いやな臭いを抑える

    [アンモニア(汗)消臭]

  • 温かさが長持ち

    [発熱持続性]

  • 熱が逃げにくい

    [保温力]

  • ヒンヤリ感が少ない

    [汗冷え抑制力]

  • お肌にやさしい

    [pHコントロール機能]