今日はブレスサーモの日。いちばん寒いときのブレスサーモ ブレスサーモアンダーウエア ミズノ・ブランドアンバサダー  松岡 修造

今日という日を寒さに邪魔されずがんばりたい、楽しみたい。
そんな、あなたにとって特別な日に着てほしいのが、
発熱性能が高く汗冷えやニオイも抑えるブレスサーモです。

「今日はブレスサーモの日」の体験談を、
トップアスリートやアウトドアの達人に語っていただきました。

温かさが長持ちして、「ここぞ」という時、力をくれる。スキージャンプ選手 葛西 紀明

体が冷えると、思うように動けない。

ブレスサーモとの出会いは、たしか1994年ごろでした。以来ずっと愛用しています。スキーの試合は当然ですが寒い場所で行われます。僕は寒いと体が本当に動かないので、常に温かくするよう心掛けています。また、体を動かすと冬でも汗をかきますが、そのことで体を冷やさないようにも気をつけています。ブレスサーモはそんな温かさの維持や汗冷えの問題に応えてくれるんです。

温かさの持続が、ブレスサーモの価値。

着用していると、他の発熱系素材に比べて性能が高いと感じることができます。そのぶん多少値段も張りますが(笑)。でも着ていてずっと温かいし、製品自体も長持ちするので、価格に見合った価値があると思います。試合はもちろん、日頃のトレーニングやウォーミングアップのときも着ていて、僕のパフォーマンスにもすごくいい影響をもたらしてくれる。「ここぞ」というときに力をくれる存在ですね。

使用しているブレスサーモ製品は?

アンダーウエア/手袋/ベスト/キャップ/ネックウォーマー/ソックス/ゴルフのパンツ

プライベートで着用することは?

ゴルフや冬場に娘と外で遊ぶときによく着ます。

温かくて動きやすく、釣果に大きく関わります。タレント 福島 和可菜

寒がりのわたしが毎日着るもの。

登山のときに初めてブレスサーモを着たのがきっかけで、そこからトレイルランやマラソンのスタート前・ゴール後、自転車、そして釣りのときに着るようになりました。寒がりなわたしにとって、もうなくてはならない存在。普段でも秋から冬にかけて毎日着ています。素材の原綿に水を垂らして握るという、ブレスサーモの発熱体験をしたときは、その発熱のすごさに驚いたことを覚えています。

冷たい潮風に負けない温かさ。

冬に海釣りをすると、潮風はとても冷たいんです。寒いと集中力にかけ、キャストが狂います。そんなとき、温かくて動きやすいブレスサーモが助けてくれる。ブレスサーモは釣果に大きく関わるんです。船でのエサ釣りなど「動かない釣り」では、自分の体温で発熱しているのが実感できます。キャスティングやジギングなど「動く釣り」だと、長袖Tシャツ1枚でも大丈夫なくらいの温かさです。

使用しているブレスサーモ製品は?

アンダーウエア/ソックス(登山用)/フリース/手袋/腹巻/ネックウォーマー/
長袖Tシャツ/タイツ/ダウン/タンクトップ・ハーフパンツ(女子のブレスサーモ)

プライベートで着用することは?

衣装の下、私服の下に着たり、部屋着として着たり。「女子のブレスサーモ」だと おしゃれができるし着太りしないので世のオシャレ女子におすすめです。
アウトドアではマラソン、トレイルランの待ち時間、登山などにも愛用しています。

常に体を温めてくれるから、寒い日もプレーの質を維持できる。北海道日本ハムファイターズ 近藤 健介

体が冷えるとプレーに悪影響。

野球とは守備、攻撃ともに待つ時間が長いスポーツです。野外の球場で寒い時期の試合となると、気温の低さが影響し、打撃の反応や守備の1歩目が遅れます。そんなときはブレスサーモが不可欠。ベンチや守備の待ち時間などで体が冷えないよう、アンダーウエアの着用を心掛けています。ネックウォーマーやロングタイツも重宝しています。

温かさは、怪我の予防にもつながると思う。

試合前の練習や冬の自主トレ期間にもブレスサーモを着ています。ウォームアップをするとすぐに体が温まるんです。また、常に体を温めておくことで見えない部分で怪我の予防につながっていると感じています。最近では、2019年4月に仙台の球場で雪が降るなか試合を行い、ブレスサーモの頼もしさを改めて感じました。

使用しているブレスサーモ製品は?

野球用アンダーシャツ/防寒用手袋/アウター(シーズンオフの自主トレ時)/
ネックウォーマー(試合用)/ソックス(試合用)

プライベートで着用することは?

寒い日のゴルフには欠かせません。