おかげさまで、ブレスサーモは25周年。ミズノ・ブランドアドバイザー 松岡 修造

冬をもっと温かく、アクティブに楽しみたい。
そんな願いから生まれた吸湿発熱素材〈ブレスサーモ〉は、
今年、おかげさまでデビュー25周年を迎えました。

始まりは1992年、水分を吸収することで発熱する高吸放湿素材に注目。
1993年に、ミズノ独自の「吸湿発熱」理論で特許申請をしました。

1994年には、海外で活躍する
日本選手団のスキーウエアの中綿に
「ブレスサーモ」の名で採用。
トップアスリートたちから高く評価されました。
これが事実上のブレスサーモのデビューです。

1997年、新しい紡績・編み・染色技術の開発で、
ブレスサーモのアウトドア用アンダーウエアが登場しました。

その後、ゴルフ、野球、アスレチックなど多種目に展開。

2012年には、より幅広く日常的に使っていただく
ことをめざした、「ブレスサーモ エブリ」を発売しました。

そして2018年秋冬、「ブレスサーモ エブリ」は
「ブレスサーモ アンダーウエア」となってグレードアップ。
さらに身近で優れた発熱ウエアに進化しました。

これからも絶えず挑戦を
続けるブレスサーモに
ご期待ください。